ドイツ 時差


ホームステイの体験



 

ホームステイをして、テレビのお笑いが日本のとはずいぶんと違うことに気づきます。

別にそんなに英語が理解出来るわけではないのですが…。

日本のお笑いは、ボケとツッコッミがお決まりです。漫才でなくても必ず、そういう構成になっています。でも、アメリカもお笑いはちょと違います。 一人で永遠とバカなことをやっています。ちょうどその頃、ピーウィー・ハーマンを良く見かけました。日本にはまだ上陸していなかったかな。 私がホームステイを終えて、しばらくしてから、日本のテレビにも出るようになるのですが…。

あっ、知ってる知ってる。ピーウィーだっ! ホームステイ中テレビでよくやっていたよ。 と少し得意げな私。

結構楽しい思い出は、お庭の芝刈りでしす。 日本の庭に植えてある芝生って、初めはきれいでもすぐに汚くなってしまう気がします。狭いスペースに植えてあるせいでしょうか? すぐにお手入れが面倒になりますが、、ホームステイ先のお庭に植えてある芝生はとてもフカフカ。

お庭の面積も広いので、芝刈り機でいっきに“ガー”っと刈っていきます。 手伝ってやらせてもらうとその豪快さが新鮮な刺激で楽しいものです。 スプリンクラーで水撒きをするのも流石〜って感じです。

でも、家の中を靴で入るのにはやはり抵抗があります。(最後までなれません)家庭によっては、家にあがるときスリッパに履き替えるところもあるので、やはりアメリカ人も清潔志向の方は、靴を脱ぐのか〜。 

話しの流れがメチャクチャになってしまいますが、玄関に鍵を複数しているのがなんといっても印象的です。最近の日本も物騒になってきて、2個くらい鍵を取り付ける家が増えてきていますが、当時は日本で鍵2個以上つけているのは稀だったので、ホームステイ先の玄関に鍵が沢山、それも2個や3個ではなく、もっと沢山です。

キーホルダーには、ジャラジャラと沢山の鍵をつけているのを覚えています。

ホームステイでの出来事、まだ続きます。